自動車保険を比較し更新時期前に見直しましょう

自動車保険とは


自動車保険について

自動車保険とは、自動車の利用に伴い起こる損害を補償する損害保険の一種です。

運転でもし事故を起こしてしまった場合、ドライバーは発生した損害に見合う補償金を支払わなければいけません。その額は非常に高く、数千万、数億にのぼり、とても個人で支払える金額ではありません。

そんなとき自動車保険は、毎月あるいは毎年一定の保険料を支払うことで、個人でカバーしきれない損害を補償することが出来ます。

自動車保険は2種類に分類出来る

自動車保険は、

  • 補償の対象が相手の保険
  •  (対人賠償保険、対物賠償保険)

  • 補償の対象が自分の保険
  •  (人身傷害保険、車両保険)

に分けることが出来ます。

自動車事故というと追突・接触事故が思い浮かぶと思います。そのような事故の場合、相手方の運転手・同乗者、相手の車、建物、信号、ガードレールなどを補償の対象とする保険は必要不可欠になります。
強制保険として運転者は自賠責保険の加入が絶対ですが、大きな事故を起こしてしまった場合、自賠責保険(対物は補償対象外)ではカバーしきれません。死亡事故の場合、近年ではその賠償額が数億円となるケースもあるため、「対人賠償保険」と「対物賠償保険」は無制限にした方がいいと薦められるのです。

車同士の事故の場合、相手の加入してる自動車保険会社から保険金を受け取れますが、示談が成立して初めて賠償金が受け取れます。示談は何かと問題やトラブルがつきものです。そのような場合、人身賠償保険に加入していると示談関係なく保険金を受け取ることができます。

また単独で事故を起こしたケースでは、電柱、信号、ガードレールなど破損により損害を与えてしまった場合、そして一緒に載ってた同乗者の怪我の補償として人身傷害保険、車両保険など補償の対象が自分の保険も必要になってきます。

自動車保険を見直すにあたり、どの部分をどれだけの補償が必要なのか良く考えてみましょう。

CMでお馴染みの保険会社も一括で見積もり可能! cmでお馴染みの保険会社最大20社