幼なじみ

幼なじみ

おにあま ―わたしに甘えて、お兄ちゃん―/幼なじみのパイズリ・生チンポセックスがエロい

都会で就職をした主人公だったが日々の業務に追われて日々の生活に疲れ切っていた…そんなある日保育科のある学園に通うヒロイン「鴨下あかね」が、保育実習のため、幼稚園の近くに住む、1人暮らしの主人公の家に、1週間居候することに。しかし、主人公は生活力皆無。掃除・自炊・洗濯全てが苦手で部屋はぐちゃぐちゃ…「泊めてもらうお礼として、わたしが1週間、お兄ちゃんの面倒を見てあげる!」保育士を目指す年下幼なじみとの、1週間の同居生活が始まる。「わたしにいっぱい甘えてね、お兄ちゃん」 ▼もっとみる
幼なじみ

ユユカナ ―under the Starlight― ロリ・ツンデレ好き必見のエロゲ

Windows10対応となって登場!━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…遠い日の七夕の季節……。ひまわりの園で誓った少女たちとの約束――「……あれ?こんなところに神社なんてあったかな?」ビジネス街にひっそりとたたずむ、古ぼけた鳥居。興味本位でくぐったその向こうには……不思議と落ち着く小さな境内に、まばゆい太陽の花、ひまわりが咲いていた。どこかにあると云われるひまわりの園。それを見たのはいつの頃だったろうか――。ここは碧島(あおしま)という、近年に都市開発された大型リゾート島。生い茂る碧色の木々。蒼々と広がる夏の空にエメラルドグリーンの海。そんな賑やかな街に住んでいる俺、天ヶ見明斗(あまがみあきと)は、今日も進学校である碧日(あおひ)学園へと通っていた。毎朝、ご飯を作ってくれる愛らしい親友の女の子や、一緒に登校している生徒会長の幼なじみ。仲の良い悪友に、情報に飢えてる新聞部の少女、読書好きの後輩。――そこにはいつもの日常があった。本日は晴天なり。穏やかな一日が今日も始まろうとしている……と、思いきや。「逢いたかったよー、明斗!」教室へ唐突にやってきたのは転校生。しかももちろん美少女。彼女はいきなり俺の名前を叫ぶと、艶のある黒髪をなびかせながら抱きついてきたのだった――!なにが起こった!?「ま、待て!この子はいったい誰――?」そこには柔らかな女の子の感触と、僅かに薫るひまわりの匂い――。ある意味、セオリー通りでちょっと憧れな展開に嬉しさを感じつつ、でもやっぱり事態は泥沼で。俺に訝しげな視線を送るクラスメートたち。ツンケン詰め寄る幼なじみに、泣いて逃げ出す親友の女の子。ああ、俺はこれから起ころうとしている波乱の幕開けに目眩を覚え、教室の低い天井を仰ぐしかないのであった。 ▼もっとみる
タイトルとURLをコピーしました