岡下誠

緊縛・縛り・拘束

ドSと評判の年上彼女は、意外にドMでした 〜お持ち帰りで調教してみました〜/年上彼女を緊縛して変態プレイ

俺は、何か香ばしい香りで目を覚ました。上京して以来ひとり暮らしで彼女もいない。しかも現在素っ裸。がんがんと頭が痛む。(俺……何かやっちゃったのか……?)そして恐る恐る台所の方を見ると――裸エプロンの全く見覚えのない女性が、鼻歌交じりで料理をしている。「あ、起きた? もう少しでできるから、待ってて?」昨日までは、他大学の空手部との合同合宿だった。それが終わって打ち上げの飲み会があったことまでは覚えている。ぼんやりした記憶を辿りつつ他大学の『ドSマングース』と呼ばれる女性の先輩に声をかけたのを思い出した。空手の稽古の時には眼光鋭く突きや蹴りを放っていたが……。今は、やさしい眼差しをしている。(やっぱり……やっちゃったんだよな、俺……)状況からして……一線を超えたのは間違いないだろう。記憶が全くないのが強く悔やまれる。やがて彼女は、潤んだ瞳で俺を見つめてきた。「私……あんなことをしたの初めてだったけれど……結構、興奮したかも……恥ずかしいけれど、ああいうの……嫌いじゃないよ……」そして牝獣のような瞳で俺の勃起男根を見つめ「これが……昨日の夜、私のあそこやお尻を散々に嬲り抜いたものなのね……」そう言うと彼女は、両手を後ろで組み肉柱の先端部分に口づけしてきた。「んっ……んんぅ……んううぅ……んぁ……んっ……んんぅぅ……。ご主人さまのもの……ああぁ……んっ……」何をしたっ? 昨日の俺っ! ▼もっとみる
タイトルとURLをコピーしました