狗神煌

学園もの

サクラノ詩 −櫻の森の上を舞う−【萌えゲーアワード2015 大賞・ユーザー支持賞 受賞】

「幸福の先への物語」春。世界的な美術家である父の死により、天涯孤独となった主人公・草薙直哉は、親友である夏目圭の家へと世話になることに。そこには、直哉が通う学園の担任である夏目藍、圭の妹で女優の夏目雫との交流が待っていた。そして、新学期の到来と共に、遠い昔に転校した幼なじみ・御桜稟が、再び直哉の前に現れる。風に巻く桜の花びらの向こう、それは、約束されていた再会の如く――。時の刻みが想いを重ね、感情の奔流が形になるとき、そこで出会う光景とは?物語の先にある幸福。その先にある物語の形――。サクラノ詩は、立ち止まる人とその先を歩き続ける人々の物語。 ▼もっとみる 特集: 萌えゲーアワード2015特集
タイトルとURLをコピーしました